スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジポジ病を克服したい?ほんとは治し方なんてわかってるんだろ?

最初のうちは緊張しながらやっていたのに、だんだんと慣れてきてトレードすることが当たり前になってくる

お金を稼ぐためにトレードしているのに
知らず知らずのうちにトレードすることそのものが目的になってしまうことがある。
パチンコ中毒と同じ現象。

とにかくトレードしていれば資金が増えるかもしれないという何の根拠もない考え

ルールに則ったトレードでなければコンスタントに利益を上げることはできない。
常にそうであればいいのだが、残念なことにそうでなくても利益を手にすることはある。
ランダムなトレード、つまり自分の感情に身を任せたトレードをしていても勝ってしまうことがある
時にはランダムなトレードをした結果、一時的に資金が増えることもあるだろう。

こういうことを経験してしまうと、トレード中毒になってしまう可能性が高い。つまりポジポジ病だ

トレードの計画を立てていないのに、チャートが思ったより大きく動くと思わず手が出てしまいトレードをしてしまう。
これが無計画のトレードであるにも関わらず、少し、あるいは大きな利益を上げることができたとする。
すると、無計画トレードでも利益を上げることが可能だと思い込んでしまう。
さらに悪いことに、利益を手にすることができたという大きな喜びを味わうことになり、快感状態となってしまう。

別の日に無計画のトレードをしてしまい、その結果損になったとしよう。
これによって嫌な思いをするが、嫌なことは忘れてしまうのが人間なのでさほど記憶に残ることはない。
あるいは記憶に残ったとしても、以前に行った無計画トレードの喜びの記憶のほうがより強く残る。

利益を手にする喜びを味わいたいから無計画トレードを行い、
損となっても利益になった快感が忘れられないのでさらに無計画トレードを行う

この繰り返し。

ポジポジ病が治らない!と悩む前に自分のトレードを見直すこと。
過去のトレードを検証しなければドツボにはまることは間違いない。

めんどくさい、と思うならトレードするのをきっぱりやめたほうがあなたのため。



応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

めんどくさいならしょうがないよね?

FXは24時間開いているからトレードする機会に満ち溢れていると思いがちだが
実はトレードできる機会はあなたが思っているほど多くはない。

チャートを開いてすぐにトレードしてはいけない

今の価格が上がるのか、下がるのか、という判断ではなく
今の価格が自分の決めた基準となるポイントに近づくまで、
あるいは形になるまで待ってから
エントリーするかしないかを自分で判断してようやくトレードできる
もちろん、自分の描いた判断と違うならばトレードできない


さらに、ポジションを持った後はあなたが思っているほど
自由にポジションをいじれるわけではない。


エントリーした後は最初に決めていた損切り位置に引っかかるまで
あるいは自分が決めた決済すべきポイントに到達した時か
決済すべき形になるまではそのポジションに手を加えることはできない。


ところで
チャートを開いてすぐにトレードする、というのは
そうした方がトータルでプラスになる確率が高いからと自分で分かってやっているのか?
それともそうではなく、ただ単に感情的にやりたいからやってしまうのか?
チャートを開いてすぐに始めたトレードをピックアップし
勝てたトレードと負けたトレードを見比べてみる、といったことをしたことがあるのか?
トータルで利益が出ていたのか?

エントリーした後に損切り位置を変えてしまい後で後悔する、というのは
損切り位置をいちいち変更したほうがトータルでプラスになる確率が高いからと
自分で分かってやっているのか?
それともただ単に損切られたくないから、損になるのが怖いから変えてしまうのか?
変更してしまった損切り位置を変更しなければそのトレードの結果がどうなっていたか
ということを後から見直してみたことがあるのか?


前もって決めていた利益確定ができないというのは
その時その時で判断を変えた方が、前もって決めていた利確位置よりも
多く利益を出せるからと自分で分かってやっているのか?
それともただ単に利益確定ポイントにくる前に利を伸ばすのが怖くて、あるいは
欲を出して粘り、反転して利益が少なくなってようやく怖気づいて決済してしまうのか?
前もって決めていた利益確定ポイントで決済していたらどうなっていたか、ということを
自分の目で確認したことがあるのか?


それともそんなめんどくさいことをいちいちやってられない、
そんなことをしなくてももっと簡単でやりやすい方法があるだろうと思っているのか?


1回トレードして徹底的にそのトレードを調べ上げるのと
10回トレードして全くそのトレードを調べ上げないのとでは
どちらの方が早く上達するだろうか?


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポジポジ病を克服せよ!

なぜすぐにポジションを持ちたがるのか?

とにかくエントリーしていないと稼げない
ポジションを持たないことには始まらない
ポジションを持っていなければ損していると思っているから

チャンスを逃していると思い込んでいるから
ポジポジ病が始まってもそれが即悪いとは言い切れないと思っているから
トレードさえやっていればいつか勝てるようになるのでは?という淡い期待を知らず知らずのうちに持っているから


いったいいつからポジポジ病になったのだろうか?

トレードを学ぶ正しい方法を知らずに
なんとなくFXをすれば勝てるかもと思って始めているから
あるいはFXについて勉強しているのに正しく行えていないから

ルールに沿った以外のトレードはパチンコ中毒と同じである。
ランダムなトレードをやったとしても時々勝つことがある。
ランダムトレードの怖さを知らずに。


すぐにポジションを持つ、という行為をしなくなったら何か悪いことが起こると思っているのか?

悪いことは何も起きない!


お金が減り続ける機会がなくなる!
マイナスになったであろう失ったお金を取り戻していることになる!
生活まで楽しくなる!
「ポジションを持っていない」という不安から解放される!
「また、ポジポジ病をやってしまった・・・」という苦痛から解放される!
ポジションを持っていなくても大丈夫なんだ!という自分に対する自信がつき、
自分を信じられるという素晴らしさを経験することができる!


すぐにポジションを持つ、という行為に良いところなど一つもなーーい!


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポジポジ病はいつ治る

出さなくてもいいチャートに手を出し、ブレにかかって損切り、
そしてまた焦ってすぐに手をだして損切り
ようやく少しの利益を手にできたとしてもそれで満足できず、欲が出てまた追撃
そしてさらに損を大きくして自滅し、あぁなんてばかなことをしたんだろうと後悔する。

いつになったらこんなトレードをしなくてすむようになるんだろう?

嫌になるほど同じ経験をして、その行動がどんなにばかであったかということが
本当の意味で身に染みてわからないとその行動は終わらないかもしれない

そして、それが分かる頃までに資金を残しておくことができるだろうか

9割が撤退していく、というのはそういう意味。

応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログ移転のお知らせ☆
ブログの引越しをしました。
こちらへどうぞ
↓↓↓
【新】トレーダーが勝つために
必要な考え方
http://mentaltrading.biz/
プロフィール

あやな

Author:あやな
【裁量デイトレーダー】

リンク
免責事項
相場で生き残るために必要だと思われる経験則を書いていますが、ここを読んだからといってすぐに稼げるようになったり、必ず稼げることを保証するものではありません。また相場の世界に入るよう勧誘するものでもありません。相場は常に厳しい世界であること認識しておく必要があります。
クレジットカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。