FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルールどおりにトレードできているか判断する具体的例

思い込みというものは怖いもので、自分で自分を客観的に見ているつもりでも
やっぱり自分は可愛いものだからそこに甘えが出てくるのが当然

昨日の記事
いつになったら勝てるの?自分が成長しているのかわからない時
で具体的に教えて欲しいということなので判断材料になる内容を書く


エントリーすべき場所が明確に判断できているか
昨日は負けちゃったから今日はトレードして取り返さないと、
あまりいいチャートじゃないけどトレードできる場所はあるはず。などと
無理やりトレードする機会を探しているのならば明確な判断はできていない
トレードできるのは「ここはトレードをしなければいけないチャンスだ!ここを逃してはいけない」と
思えるところだけ

自分で「ここは!!!」と思った場所でエントリーした時のほうが
勝率も利益も出ているほうが多くないか?

ポジポジ病など論外


エントリーすべき場所で躊躇せずエントリーできているか

うん、ここは入るべき場所だ、でもちょっと不安だからもう少し確認してから・・・
おおっとぐんぐんと勢いが増しているぞ、早くこれに乗らなければ~!とエントリーしているならば
それは躊躇せずエントリーできていることにはならない
チャンスはみんなが気づいていない初期の段階で乗らなければ意味がない
つまり、怖いところ
安心して入れたポイントはチャンスではなく、カスを掴まされただけ


損切りを迷わずにルールどおりに躊躇せず行えているかどうか

最初に決めた損切り位置に来たその最初の段階で即切っていればok
それ以外、エントリー後にやっぱりこっちの方が本当の損切り位置だなどと
理由を作って外側にずらしたり、少しでも利益になれば損切りになるのが嫌だからと
勝手に狭めることはだめ
トレールがルールの場合は別


自分が決めた目標まで、あるいはエグジットのサインが出るまで
ポジションをホールドしておくことができているか

せっかく乗った利を、少しの押しや戻りで怖くなって利確したり、
基準の時間軸よりも小さな時間軸などを見て、もう弱まっているから、反転しそうだからと
なにかしらの理由をつけて自分を納得させ決済しているようではだめ


目標に届いたら、あるいはサインが出たら躊躇せずエグジットできているか
既にサインが出ているのに欲を出してもっと粘ってみようなどとルール外の行動をして
利益が少なくなってからやっぱりだめだったとようやく決済し、
「利益は少なくなってしまったけれど決済するべき場所であった」
などと自分に言い聞かせ、本当に決済すべき場所で確定していれば
もっと利益になっていたことを直視しない


資金配分を計画通り管理できているか
まぁ、これは後から見てみればすぐにわかることだと思う


もし、これらのことをすぐ理解できなくても大丈夫だ
トレードをやって検証をやってそれでも勝つことができなければ自然と自分自身に疑問を持つようになる。
あれ?もしかして俺ってルールどおりにやってないんじゃ?と思い始める。
そうなった時に「そういえばどこかのブログでそんなことが書いてあったなぁ」と思い出してもらえるならば
そこからまた道が開けてくるはずだ。


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

いつになったら勝てるの?自分が成長しているのかわからない時

ルールを守ることが大事だということがわかり、それを実行している
だが思った以上にそれがなかなか上手くいかないことを実感する

自分では少しづつルールを守れるようになっているつもりなのに成績がついてこない
一体自分は進歩しているのだろうか?それとも全く進歩していないのだろうかと悩む

トレードでは資金管理、エントリー、エグジット、損切りなどの
それぞれの項目において全てが一定以上のレベルに達しなければ結果は出ない

一つでもレベルが低ければそれが全ての利益を吹っ飛ばす

自分のレベルが成長しているのか、していないのかの判断については
利益が出ているのか、出ていないのかという視点で考えてはいけない



・エントリーすべき場所が明確に判断できているか
 (エントリーして良い場面と悪い場面の判断ができているか)

・エントリーすべき場所で躊躇せずエントリーできているか
 
・損切りを迷わずにルールどおりに行えているか、躊躇せず行えているか

・自分が決めた目標まで、あるいはエグジットのサインが出るまで
 ポジションをホールドしておくことができているか

・目標に届いたら、あるいはサインが出たら躊躇せずエグジットできているか

・資金配分を計画通り管理できているか


などといったことから判断するべき
(躊躇せずに実行できる回数が減っているのか、増えているのかなどで判断できる)

全てルールどおりに実行できているにもかかわらず結果が出ないという人は
損と利益の比率が間違っているはずだからルールを見直したほうがいい

但し、ルールどおりに実行できていると自分で思い込んでいるだけかもしれないので
そこはしっかり自分に厳しく確認するように

次の記事で具体的な例を挙げている。
次記事 : ルールどおりにトレードできているか判断する具体例


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ルールを選択した者の悩み

順張りが良いと言う人もいれば
逆張りのほうがいいだろ?と言う人もいる

伸びる限りトレンドについていくべき!と言う人もいれば
細かく利を取っていく方が勝ちやすいでしょ?と言う人もいる

勝率を重視するな!と言う人もいれば
勝率が高くないと勝てませんと言う人もいる

それぞれ言ってることが違うのに皆勝ち続けられているという不思議

彼らに共通することは、ルールを変えないということ




小さな利益をコツコツと積み上げるルールを自分で選択しているのに
『このブログでは今日は100pipsも獲得している!!自分のやり方は間違ってるのかなぁ』と悩み

勝率は低いがたまに取れる大きなトレードで利益を取るトレードを自分で選択しているのに
『この人は今日は20pips取れたんだ、俺はマイナスだったのに』と人の利益を羨む

自分を持たない奴が相場で生き残れるとでも思っているのか?








満足できるルールなんてない!!

あきらめろ!!




応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

エントリー、損切り、利益確定を素直に実行するには

エントリーにしても損切りにしても利益確定にしても
共通する正しい考えは 『欲張らない』 ということ

もっと早く入ってれば
損切らずに我慢していれば
もっと大きく取れたのに

そんなことをいちいち考えるから
トレードがより難しくなるし崩れていく


『もっと早く入っていたら今回はもっと利益になっていたが
いつもいつもそうではないし
欲張らずにただ今回のトレードがうまくルールどおりに
執行できたことだけ感謝しよう』

『損切らずに我慢していれば利益になったトレードだったが
そんなことをしていたら必ず資金を大きく失ってしまうから
今回はルールどおりに損切りでき、さらに資金まで
守ることができたことに感謝しよう』

『ルールを破って保持していれば
もっと大きな利益を手にすることができたが
自分が決めたルールでとれる値幅はこれくらいだった
利益になっただけで十分だ』


もっと、もっと、もっと、と餓鬼のように欲張ったら
行き着くところは地獄しかない


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ルール破りを治す方法

何度も何度もルール破りをしてしまう

一度でもあるいは何度も損切りに引っかかると
感情的になってしまう、落ち込んでしまう
一度乗った利益が少なくなるのが耐えられない
利益となっても満足できずもっと取れたはずだと思ってしまう・・・

それはあなただけではなく
トレードをしたことのある人ならば一度は必ず経験するもの
もちろん勝ち続けている人も含めて

これらを克服していくにはある程度の時間が必要
最初からうまくやろうと思っても絶対にできないから
そう思わないほうが逆によい

最初にやっていくことは、自分の感情を再認識すること

ここで感情的になった、このパターンになるとトレード回数が増えてしまう・・・
などといったことを一つ一つ確認していく

これはトレードしていない時
自分の頭が冷静な時にやらないと意味がない

ついついルールを破ってしまうというのは
そのルールが大事だということが身に染みて
わかっていないということの他に

そのルール自体が日常生活や今までの経験
あるいは人間そのものの考え方の
根本を否定するようなものだから


これを習得するにはやはりそれなりの努力と
それを継続させる根性が必要である


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログ移転のお知らせ☆
ブログの引越しをしました。
こちらへどうぞ
↓↓↓
【新】トレーダーが勝つために
必要な考え方
http://mentaltrading.biz/
プロフィール

あやな

Author:あやな
【裁量デイトレーダー】

リンク
免責事項
相場で生き残るために必要だと思われる経験則を書いていますが、ここを読んだからといってすぐに稼げるようになったり、必ず稼げることを保証するものではありません。また相場の世界に入るよう勧誘するものでもありません。相場は常に厳しい世界であること認識しておく必要があります。
クレジットカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。