スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損切りをせずに勝つ方法

⇒にほんブログ村
⇒ブログランキング

『損切りをしないで勝つ方法があればいいのにな』


こんなことを思ったことがあるだろうか。

損切りをしないで勝つ方法がないかなぁと考え出している今のあなたの状態は
聖杯を探している状態だということに気づかねばならない。


では、本当に損切りをしないで勝つ方法などないのだろうか?

このチャートを見て欲しい

これはドル円の週足だ

usdjpy.jpg
(※ミスによりユーロドルの別記事用のチャートが表示されていた期間がありました。
申し訳ございませんでした 2012.9.3訂正済)


2005年から2007年の半ばにかけて、ドル円はずっと上昇トレンドになっている。
2006年の前半に大きく下げてはいるものの、すぐに反転し再上昇している状態だ。

2005年にあなたがトレードを始めたとしよう。
とりあえずドル円を買う。損切りはしたくないのでそのまま持ち続ける。
どんなにマイナスになっても、資金が持つ限りは最大限に我慢し保持し続ける。

そうすると、あ~ら不思議。
なんの戦略も持たないのに2007年には手持ちの資金が大きく増えているではないか!
なんと10円以上の利益幅!
もう、これはお祭り状態。ウハウハだ。


「なぁ~んだ トレードなんて 簡単簡単! 俺天才。
負けてるやつとか馬鹿じゃねぇの?損切りとかするやつはアホ」



などと調子に乗ることだろう。

ここで運のいい人は、うまい具合に増えた資金を撤収し、その後トレードをしない人生を歩む人もいるかもしれない。
しかし、普通はそんな行動はとらないだろう。人間は欲深いもの。

「よし、こんなにトレードが簡単なら、もっと増やせるはずだ
もっと保持しよう。さらに利益を増やそう、あるいはもっと資金を入れようかな?」
などと思う。

その後のチャートを見てみよう(※クリックで拡大)
WS000001.jpg

2005年に100円ちょっとで買っていたドル円はいまや80円付近でうろうろ。
当然利益はなし。それどころかマイナス。

「そんなこというけど、ある程度利益が減ってきたところで決済してる場合もあるでしょ?」
果たしてそれはどうか?

最初に利益を大きく得たときは、何の戦略もなく、ただ損切りをしないというおかげであった。
そんな経験をしていれば「損切りなんかせずにもっともっと勝てるはず」と思うのは確実だ。

実際、自分の資金が減っていくのを目の当たりにしたとしても
「ここで決済したらもったいない。今まであんなに利益が出ていたんだからまた戻ってくるさ」
こう思うことが実に簡単だということは、あなたも今までの経験から納得できるはずだ。


100円付近で一度反発し、「よっしゃ これから再上昇で濡れ手に粟状態になるぜ!」と
鼻息荒く興奮するにもかかわらず、再び上昇することはなく、さらなる下落。

資金は息も絶え絶え。あるいは既に強制ロスカットになっているかもしれない。

結果は惨敗。

ロスカットを防ぐ為に資金を借りまくり、残ったのは多額の借金という場合もあり得る。


『損切りさえしていれば・・・』 残ったのは後悔の念だけ。



「なぁんか話が極端だなぁ だいたいこのチャートは週足だし、ここはデイトレのブログだろ?」

たしかに、この話は長期保有の場合を例に出した。
しかし、デイトレでも同じようなパターンに陥ることは当然ある。

しかもデイトレではトレードする時間が短いだけに、このサイクルを繰り返してしまい、
みるみるうちに資金が減るということが起きてくる。


たまたま上昇トレンドだったから損切りしなくても勝てていた

この時に勝っている人はそのトレードを続けようとするだろう。
そしてトレンドが終わり、資金を失ったときに気づくのだ。


『損切りって大事なんだなぁ』


しかし、損切りの大事さを痛感した時には、もうトレードする気力も、資金も残っていない。




まぁ世の中は広いから、探せば損切りせずに資金を増やす方法も、もしかしたらあるかもしれないけどね?
私が知らないだけで。
そんな方法があれば、検証した後にこっそり私に教えてくれればいいから


『損切りをせずに勝つ方法があればいいのにな』
そう思った瞬間から破滅への道に進んでいるということに気づくべき

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村  ブログランキング
スポンサーサイト

損切り貧乏を克服したいか?続き

⇒にほんブログ村
⇒ブログランキング

では前回の続き

●少しでも利益が出ると利益が減少するのが嫌でさっさと決済している

ポジションを持ち、少しでも、あるいはある程度利益が出れば
「もう、この利益を自分のものにしたい」
「せっかく乗った利益が少なくなり、損切りにでもなったら嫌だ」

と思うのが普通である。

もう一度言う。

利益が少なくなるのを我慢できない、早く決済したいと思うのは普通の感情である。

だからトレード中にこんな感情の理由で早めの決済をしてしまっても自分を責めてはいけない。
まずは自分の判断は人間として正常な判断をしているということに気づく必要がある。

それを確認したうえで、まずは利益が乗った場合にどういう行動をとればよいかということを
自分なりに考えてみる。

・いつもはこの辺りでビビッて決済してしまうから、このもう少し先のこの辺りまでは我慢してみよう

・いつもは利益が乗った後に少しでも反転すれば、損切りに引っかからないか恐くなって決済してしまうけど
 今回は少し押しが入っても最終的に損切りにかかるまでは我慢してみよう

つまり、普段よりもちょっと上の目標を意識する。


そうすれば

・自分が思っていた場所まで順行してレートがたどり着く
・自分が思わなかった動きをして反転しても損切りに引っかからず更に反転し利益の方向へレートが動く


こんな状況をポジションを持った状態で体験することができる。
この状況を少しづつ、そして何度も経験することが重要だ。

そうすれば「なんで今までの自分はあんなにビビッて早い損切りや早い利食いをしていたのだろう」
と不思議に思えるようになってくる。

しかし、これはあなたが気づかないくらい少しづつ変化していくので
この行動をとることがイライラしてくることもある。

そしてあなたがこの行動を取ったとしてもまだ稼ぐことはできない。
まだトータル収支がマイナス、ということが続くであろう。

しかし、この行動を諦めずに続けることができなければ
トレードで稼ぐ、というところまでたどり着くことはできない。


もちろん、これとは別に、
ポジションを取ったら逆指値をして放っておく
という行動を常に続けていれば、
少しづつ先の目標まで保持しておくという練習よりも早いスピードで成長できる。

これはあなたの性格にもよるものだから、自分がやりたいほうをやっていけば良い。

小心者なあなたならば少しづつ目標を上げていく。
この場合、成績の推移は、少しづつ右下がり、うまくいけば平坦か少~しの右上がり状態になるだろう
全体的な大きな目標としては、成績の推移が少し下げてもそれを少し上回る利益を確保し、
徐々に右上がりの角度を上げていくことだ。

そんなみみっちいことできるか!というあなたならば、一気に利益を上げる方法、
つまり常に逆指値のみの完全放置でトレードするというやり方だ。
この場合、成績の推移は、上下変動が激しくなる。連敗すれば一気に下がるが
連勝すれば今までの負けを遥かにしのぐ右肩上がりとなる。

まぁざっくりな説明だが、イメージとしてはこういう感じだ。


では、最後。

●損切り幅が極端に小さすぎる

損切り幅が小さいのは構わないと思うが、
損切りが続くと熱くなってトレードが壊れる場合は、損切り幅を少し大きくする方法も考える必要がある。

小さな損切りが増えたとしても、同じ方向に何度もトレードできるようであれば
損切りの幅にこだわらずに、一度の利益で大きく取れるようなトレードを目指せばいい。

しかし、小さな損切りだとしても数が増えれば当然その分負担も増えるわけだから
エントリーの根拠自体を見直す必要がある場合も当然ある。

小さな損だからといってどこでもエントリーして良いわけではない。
基本、小さな損切りの場合はエントリーのタイミングとして、
逆張り戦法を取る場合が多いかもしれないが
逆張り戦法だとしてもある程度のタイミングを図る必要はある。

小さな損切りだからといってエントリーを軽率に考えてはいけない。



いつも言っているが、
トレードで稼ぐためには全てのレベルが一定以上のレベルに達する必要がある。
わずかでもレベルが低ければそれが全てを吹っ飛ばす。

その差というものは薄皮一枚の差かもしれない。
しかし、それがトレードにおける技術ということになる。

トレードで稼ぐ為には薄皮一枚の技術を習得する必要がある。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村  ブログランキング

トレイリング・ロスカットなら損切りが確実に執行できるか

損切りがなかなか実行できない時に
『トレイリング・ロスカットを使えばうまくいくんじゃないか?』と考えることがあるかもしれない。

要するに自分で切れないから機械に切ってもらおうという発想。
確かにうまくいきそうな考え方だが、問題の根本的な解決にはならないことが多い。


・トレイリング・ロスカットを設定していても何度もチャートを見てしまう

・チャートを見ないようにと用事を作って外出しても
 携帯などからチェックしてしまい設定を変えてしまう

・トレイリング・ロスカットがうまく作用することもあるが、時々自分で外してしまう

・うまく利益を乗せることができたのにトレイリング・ロスカットのせいで損失になったりすると
 その後にトレイリング・ロスカットを使うことができなくなってしまう




結局は自分がコントロールできるものであるなら最終的な判断はやっぱり自分に委ねられてしまうのだ。
そもそも『自分でできないから機械にやってもらおう』という判断こそ間違っていないか?


030115.jpg

稼げるトレーダーになりたいのならば

全ての責任は自分にあり、
全てをコントロールするのは自分だ


という強い意志を持って欲しい。



自分をコントロールできるようになってからトレイリング・ロスカットを使うことは非常に便利だ。
外出の時とかね。


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

損切りさえできれば勝てるのに。たった一つの油断

損切りさえできれば勝てるのに

あの時に損切りをしていれば負けなかったのに、プラスになっていたのに。
なぜあそこで損切りができなかったのだろう。

そう感じることは多いだろうか

損切りを確実に執行するためにやるべきことは何か
まずはなぜ損切りができない状態になってしまったのかを把握しておく必要がある
損切りができない原因としてのパターンがあるはずだ

(A)そもそも損切り自体、ほとんどといっていいほど
   全くすることができない状態にある


(B)損切りはできるけれども位置をずらしてしまったり、
   びびって早めに切ったりしてしまう状態にある


(C)ほとんどの損切りは確実に執行できるのに、たまにできないことがあり
   その一つのトレードだけで大きな損失を出してしまう状態にある
   (あるいは短期間で小さな損切りの大量生産)


損切りが執行できるようになる成長段階での基本的なパターンとして
(A)の状態⇒(B)の状態⇒(C)の状態
というのが損切りを学習していく上での成長パターンになっているはずだ。

損切りさえできれば勝てるのにと思ってしまう背景には
なぜ損切りができない状態になってしまったのかというよりも
『まだ損切りを確実に執行するための成長段階にいる』という認識が足りないのかもしれない。

『損切りを躊躇せずに執行することができるようになった!ヤッター!』
そう思った時点で成長がピタッと止まってしまうのである。

『損切りのほぼ全てを躊躇せず執行することができるようになった!
(でもたま~~~~に損切りできない時があるけどね)
030021.jpg

この油断が全ての利益を吹っ飛ばしてしまうのである。

成長段階のパターンとして追加されるべきもの

(D)全ての損切りを確実に躊躇せず執行でき、
   更にそれを維持することができる状態


(A)の状態⇒(B)の状態⇒(C)の状態⇒(D)の状態
※(D)の状態は継続させなければならない

自分はまだ成長段階である。トータルプラスが実現できるようになったけれども
更なる成長を貪欲に追及しなければならない。と再確認する。

損切りは一度たりとも怠ることがあってはならない。
損切りを躊躇せず執行できたという連続記録を常に更新し続けていかなければならない
トレードを続けていく限り、その成長を止めてはならないのだ

応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

損切りになりそうなトレードを利益化させようとする思考

視野を広げることが大事

ひとつのトレードを執行した。
するとレートが逆方向に動いてしまって損切りしなければならなくなった。
利益を取りたいはずのトレードなのに損を確定させなければならなくなってしまう状況になると
そのトレードにすがってしまう思考に陥ってしまうことが多くなる。
「なんとかこのトレードをうまく利益化させる方法はないか」と考えてしまう


私も今日はそんな状況に陥った。

この記事を書く前に違う題材で記事を書いていた。
「無料になった途端にその価値がなくなってしまう」という主旨の記事を書こうとしていた。
この内容は、昨日寝る前に頭を張り巡らせて考えていたもので
なかなかうまい記事ができそうだと思い、にやけながら眠りについたものだった。

そして今日の午前中に一時間ほどかけて記事を書いてみた。
しかし、どうしてもトレードと結びつける地点で納得いく説明ができなくなってしまった。
昨日寝る前にあんなに考えて、いい感じだと思っていたのに。
今日は一時間もその記事に費やしていたのに。
残念ながらそんな記事をupさせることはできないのでその記事はスパッと諦めた。

あと何時間かその記事についてあーだこーだ考えを張り巡らせれば
もしかするとうまくトレードと結びつけることができたかもしれない。
しかし、無理やりこじつけた記事になんの価値があるだろうか。

もし無理やりこじつけることができたとしても、ただの自己満足で終わる可能性が高い。
そしてそれを読ませてしまったことで、価値の低い記事であるために、あなたからの評価は落ちてしまう。

つまり、「これは、だめだ」と思った時点でその記事を書き続けることをスパッと諦め
次の意味のある記事の方に考えを張り巡らせることの方が価値があるということ。
先ほどまでのたった一つの記事にこだわらずに、このブログ全体の評価、
あなたからの評価という視点で考るほうが私にとって良いということ

トレードにもこの考えは通用する。
一つのトレードに執着し、損になるかならないか、を考え続けることに価値はない。
損になるならばスパッと諦めて、次の利益になるかもしれないトレードを考えた方が
全体のトレードとして見渡したときに、遥かに価値のあるトレードとなる。

トレード以外においても、視野を広げて判断するということは有利な考え方となる。



応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本当のトレーダーは勝率が低いのか

「勝率なんて関係ない!勝率が低くても勝てます!」
なんていうのはウソなんじゃないかと思うことがあるだろうか

トレードの勉強をしていると勝率なんて関係ない!という情報が入ってくると思う。
この情報が入ってきた時に最初に感じることとしては

本当に勝率なんて関係ないの?
勝率が高いほうが勝てるんじゃないの?
本当はやるトレードやるトレード勝ちまくってるから利益を上げることができているんじゃないの?


と、こういったことが多いと思う。

しかし、現に勝率が低くても利益を取る時には大きく取るというトレードで
生き残っているトレーダーが多いのは確かだ。

勝率が低くても勝てるというのは本当だが
ここで勘違いしてはいけないのが

勝率が低い=勝てる
勝率が高い=負ける と単純に結びつけてはいけないということ。
018622.jpg



結論から言えば

勝率が低くても 勝てるし
勝率が高くても 勝てる
 ということ。


しかし、勝率が低くても勝てるからと、
めちゃくちゃなトレードでいつでもトレードして
利益を上げられるわけではない。
勝率が低いパターンではあるが、利益になるときは大きく取れるから
そのチャンスが来れば迷わずにエントリーする。
そしてその結果トータルで利益が出せる
、ということだ。

勝率が高くても勝てるというのは、
最初から利益幅を決めており、
勝率の高いパターンだけをしっかり狙って
チャンスでない時は絶対にトレードせず、安易なトレードなどしない。
狙った利益幅だけで満足し、その後に100pipsだろうが200pipsだろうがぶっ飛んでいったとしても
後追いをせずにまた自分の計画したトレードだけを実行できる、
規律正しいトレーダーならではの手法
だということ

どちらの手法を学んだほうが有利かは自分で判断すること




応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ロスカットラインはエントリーラインになる?

ロスカットの位置を決定する際、
エントリーした根拠が崩れるポイントから少し離れた位置にロスカットの設定をすることが多いと思う。

つまり、ロスカットになってしまったらそれまでのトレンドが崩れた証拠だから
そこからドテンしてエントリーすればいいじゃないかという考え方がある

ロスカットラインがエントリーラインになるというのは正しいだろうか?

トレンドに沿ったトレードなのか、あるいは逆張りトレードなのか、それともレンジ相場でのことなのか
パターンによって変わってくるはずだ。

トレンドに沿ったトレードをしていた場合、
『それまでのトレンドが崩れてしまうポイントにロスカットを置いていたから
ロスカットになったらドテンしてポジションを持つ』というのはリスクが高い考え方だ。
トレンドというのはそんなに簡単に崩れるものではない。
一度崩れてしまっても、少しもみ合った後にまた戻ってくるという確率は高い。

トレンドに逆らった逆張りトレードの場合
ロスカットになったということがまた元のトレンドに戻ってきたという証拠になるので、
この場合はドテンエントリーでもリスクは低い考え方だ。
また、この場合はトレンドに沿った押し目買いや戻り売りのポイントに来ている場面だった、ということもよくある。


これはドデ~ン

レンジ相場の場合は少しややこしい。
レンジだと思って反転確認後にエントリーし、損切りとなったからブレイクか!と
ドテンエントリーした途端にまたレンジの中へ戻ってくる、というパターンは多い。
この場面でドテンを繰り返していると更なる損を大量発生させる確率は高いといえる。

ロスカットラインがエントリーラインになるというのは、ある場面では正しいかもしれないが、判断を間違えると大量の損を発生させる原因ともなり得る。

最初に決めた『買い』の決断、あるいは『売り』の決断、これをブレずに最後まで貫き通すことの方が大事。
判断が間違っていたという結果が出たならば、それはそこで簡潔させること。
焦ってドテンなどせずに同じ方向でのエントリーチャンスを待つほうが賢明だと言える。

最終的にエントリーチャンスが来なかったとしても
次に同じような場面でどう判断すれば良いのかを考えるほうが次に繋がる。

応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

利益を伸ばしたいのに伸ばせない

20日に買ったドル円、元気いいなぁ もうこのまま戻ってこなくていいよ?と思ってしまう
まぁ思った瞬間にピタッと止まるんだろうけど


利益を伸ばすことがなかなかできない人に共通する行動で

ちょっとしか乗ってない利が少しでも少なくなると耐え切れなくなって薄利決済。
まぁまぁ利が乗ってきたら早くそれを自分のものにしたくてルール違反で決済。
これらをやってしまって、後から「何であそこであんな判断をしてしまったんだろう~」と悩む

これは人間なら誰だってそう考えることが普通であり、プロスペクト理論というどこかの偉い人が理論にするほどの行動パターンなので自分がそういう状態だからといって必要以上に悩んだりすることは全く意味がない。

まずは自分がそういう行動をやってしまうのは当然のことなんだと理解する。

そのうえで、薄利決済をした後チャートはどういう風に動いたのか、
常に自分の考えとは不利な方向にしかいかなかったのか

まぁまぁの利益になってもう限界だろうと決済したあとの動きはどうなっていたか
限界だろうと思った限界を超えて、手に入れた利益の倍以上の利益になっていたことはなかったのか

そういう観点からチャートを見直し、自分の目で何度も確認するといい


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トレードの恐怖、損切りの恐怖

デモで成績が良いからとリアルで参戦する
自信を持ってトレードするが結果は惨敗。

さらに過去に経験した連敗や大負けの記憶がよみがえり、自信を失う
襲ってくるのは大きな恐怖。怖くて怖くてたまらない。
エントリーすらできずにチャートの前でうずくまってしまう。そして自分を責める。

もうこのまま一生勝つことはできないんじゃないかと損することばかり心配してしまう


トレードをしているとこんな経験をすることがある。
私も経験した。パソコンの前で、恐怖のあまり体が震え、
部屋の窓が開いているにも関わらず子供のように泣きじゃくったこともある。


デモではあまり感じなかった恐怖がリアルトレードになった途端に増幅するのはなぜか

損切りがあって当然ということを完全に受け入れることができていないから

損切りを完全に受け入れることができているならば、エントリーを極度に怖がったり
損切られた後にカッとなってドテンしたり、悔しいのを根拠に無理なエントリーをしたり、
損切り位置を深くずらしたり、根拠なく損切り位置を狭めたり、などということは起こりえない。

じゃぁ どうやったら損切りを完全に受け入れることができるのか

一回のトレードに固執しすぎない
ある程度の回数のトレードをこなした結果プラスにするという目標を持つ
枚数を減らす。最小単位から始めて自分のビビリ度合いと見比べながら枚数を増やしていく
最初から完璧にやろう、などと意気込まない
自分のトレードをやっていれば何回か損切りにあったとしても結果プラスになるということを何度も確認する
こういったことを地道にやっていくしかない。


「これをやればすぐにでも損を受け入れることができる!」というものがあるだろうか?私はないと思う。
そんなものがあるならば今すぐに、私だけにコッソリと教えて欲しい。


こんなところで絶対に、絶対に挫折するもんか!!というガッツ
「もう、しょうがない、損切りなったんだもん。これは、もう諦めるしかないんだよ。。
今までさんざん損切りに悩まされて、嫌だ嫌だと思ってやってきたのに、
どうあがいても損切られるもんは損切られるんだ。。」
というところまで追い込まれてからわかる、ということもあるかもしれない。

恐怖が増大してたまらないときは、自己啓発系の本でも読んでみるといい。


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

満足できる利益確定って(4) で、結局どーなの?

利益確定について色々書いてきたわけだが、
結局満足できるような完璧な利食いはない
ということが再確認できた

まぁ、これはトレードそのものが持っている本質だから
全てにあてはまるが



もっと伸びるかもと期待してしまい
ここに来たら決済するというルールを守ることができないのならば
決済しないで持っておくポジションを作ればいい

もう反転して利益が少なくなるかもと心配してしまい
ホールドしておくというルールを守ることができないのならば
決済できるポジションを作ればいい

で、早めの決済と長いホールドでは
結局どちらが有利なの?と疑問がわけば
自分のトレードを見直してみれば答えがでてくるはずだ



この練習をする上で大事なのは
このトレードが目標で止まるのか、反転するのか
もっと動くのかということではなく

目標に来たら利食えるものは
きちんと利食うことができるようになること

更に大きく狙える相場に
食いついていけるマインドを作ることだ

その上で、自分にはこれは無理だなぁとか
こっちのほうが合っているなぁと思うものがあれば
それを選択して突き進めばいいんじゃないか?


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
NEXT≫
ブログ移転のお知らせ☆
ブログの引越しをしました。
こちらへどうぞ
↓↓↓
【新】トレーダーが勝つために
必要な考え方
http://mentaltrading.biz/
プロフィール

あやな

Author:あやな
【裁量デイトレーダー】

リンク
免責事項
相場で生き残るために必要だと思われる経験則を書いていますが、ここを読んだからといってすぐに稼げるようになったり、必ず稼げることを保証するものではありません。また相場の世界に入るよう勧誘するものでもありません。相場は常に厳しい世界であること認識しておく必要があります。
クレジットカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。