FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損切りさえできれば勝てるのに。たった一つの油断

損切りさえできれば勝てるのに

あの時に損切りをしていれば負けなかったのに、プラスになっていたのに。
なぜあそこで損切りができなかったのだろう。

そう感じることは多いだろうか

損切りを確実に執行するためにやるべきことは何か
まずはなぜ損切りができない状態になってしまったのかを把握しておく必要がある
損切りができない原因としてのパターンがあるはずだ

(A)そもそも損切り自体、ほとんどといっていいほど
   全くすることができない状態にある


(B)損切りはできるけれども位置をずらしてしまったり、
   びびって早めに切ったりしてしまう状態にある


(C)ほとんどの損切りは確実に執行できるのに、たまにできないことがあり
   その一つのトレードだけで大きな損失を出してしまう状態にある
   (あるいは短期間で小さな損切りの大量生産)


損切りが執行できるようになる成長段階での基本的なパターンとして
(A)の状態⇒(B)の状態⇒(C)の状態
というのが損切りを学習していく上での成長パターンになっているはずだ。

損切りさえできれば勝てるのにと思ってしまう背景には
なぜ損切りができない状態になってしまったのかというよりも
『まだ損切りを確実に執行するための成長段階にいる』という認識が足りないのかもしれない。

『損切りを躊躇せずに執行することができるようになった!ヤッター!』
そう思った時点で成長がピタッと止まってしまうのである。

『損切りのほぼ全てを躊躇せず執行することができるようになった!
(でもたま~~~~に損切りできない時があるけどね)
030021.jpg

この油断が全ての利益を吹っ飛ばしてしまうのである。

成長段階のパターンとして追加されるべきもの

(D)全ての損切りを確実に躊躇せず執行でき、
   更にそれを維持することができる状態


(A)の状態⇒(B)の状態⇒(C)の状態⇒(D)の状態
※(D)の状態は継続させなければならない

自分はまだ成長段階である。トータルプラスが実現できるようになったけれども
更なる成長を貪欲に追及しなければならない。と再確認する。

損切りは一度たりとも怠ることがあってはならない。
損切りを躊躇せず執行できたという連続記録を常に更新し続けていかなければならない
トレードを続けていく限り、その成長を止めてはならないのだ

応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ブログ移転のお知らせ☆
ブログの引越しをしました。
こちらへどうぞ
↓↓↓
【新】トレーダーが勝つために
必要な考え方
http://mentaltrading.biz/
プロフィール

あやな

Author:あやな
【裁量デイトレーダー】

リンク
免責事項
相場で生き残るために必要だと思われる経験則を書いていますが、ここを読んだからといってすぐに稼げるようになったり、必ず稼げることを保証するものではありません。また相場の世界に入るよう勧誘するものでもありません。相場は常に厳しい世界であること認識しておく必要があります。
クレジットカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。