FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレードで連敗した時のルールと対処法

あなたはトレードで連敗した時のルールを作っていますか?
⇒にほんブログ村
⇒ブログランキング

どんな手法であってもどんなトレードをするとしても
『連敗』というものは必ず経験する。
システムトレードでいうところのドローダウンだ。

少しづつ勝つことができるようになってきた時期に
突如として連敗を経験することもある。

どういうときに連敗が起こるだろうか。
それは、手法そのものが相場に合っていない、
あるいはあなたの感覚そのものが相場とズレている場合などに起きる。

頭では『連敗する可能性がある』とわかってはいても
実際にその経験をした途端に冷静さを失ってしまうことは多い。
あなたもそれは身に染みて分かっていることだろう

この連敗の時に大きくダメージを受けないことも
トレーダーとして稼ぎ続けるためには重要だ。


大きなダメージを受けないために必要なことは


・資金管理の徹底

 少し勝てるようになったからといって
 絶対に大きく張るようなことはしてはいけない。

 

・連敗した時のルール、未然に防ぐためのルールを決めておく

 一日に○回負けたら、あるいは○円負けたら
 その日はトレードをしない、というルールを作っておく。

 数日連敗するようであれば、何日かはトレードしない、
 などというルールも作っておく必要がある。



ここでルールを作る際に注意しておくことは
冷静な自分を取り戻すためのルールである、ということ。

つまり、連敗したということは、
次に連勝する可能性も高いということであり
冷静にトレードすることができるならば
トレードをやらないことが逆に不利になる場合があるからだ。

しかし、あなたが冷静なトレードをできないレベルであれば
そんな状態でトレードしたとしても
勝てる相場なのに負けてしまう可能性の方が高い。

だから、利益を上げやすい相場であっても傍観する必要がある。

しかし、ここでただ傍観していれば良いというわけではない。

例えば、
『ルールどおりにトレードして決済した。
そしていくらかの利益を上げることができた。
ルールどおりの良いトレードであったが相場を見ていると
更にぐんぐんレートが進んでいった。』

あるいは
『無理してトレードするよりも様子を見たほうが良いと思った時や
チャートを開いてすぐ、といった状態のときに
ぐんぐんと大きく値が動き、トレードすることができなかった』

つまり、「チャンスを逃してしまった!」
と思う場面にこれからたくさん遭遇するだろう。

そんな体験をした時に、いかに冷静にいられるか
という自分も作っておかなければならない。


連敗したあとはトレードを中止し、傍観する。
しかし、ただ傍観するのではなく傍観している間も
冷静な自分を作るためのチャンスととらえるのだ。
 
もちろん、チャートを見ていると
思わずトレードしてしまうクセがあるのならば
チャートを閉じてパソコンの電源を切ることも効果的である。

「トレードしないこと」が目的ではなく
「冷静な自分を作るにはどうしたらよいか」
ということに焦点を当てると良い。

ぐっと下っ腹に力を入れて我慢することも必要だ。



にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村  ブログランキング

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ブログ移転のお知らせ☆
ブログの引越しをしました。
こちらへどうぞ
↓↓↓
【新】トレーダーが勝つために
必要な考え方
http://mentaltrading.biz/
プロフィール

あやな

Author:あやな
【裁量デイトレーダー】

リンク
免責事項
相場で生き残るために必要だと思われる経験則を書いていますが、ここを読んだからといってすぐに稼げるようになったり、必ず稼げることを保証するものではありません。また相場の世界に入るよう勧誘するものでもありません。相場は常に厳しい世界であること認識しておく必要があります。
クレジットカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。