FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益を伸ばすためのコツ

*お知らせ*
目次を作ってみた。過去記事を見る時に便利だと思う。
是非使ってみて欲しい
*******

う~ん

にほんブログ村 FX 女性投資家で、右側に注目記事ランキングがあるんだが
なんと!私の記事が一位に入っているではないか!

で、ちょっと嬉しくなって。
でもよく見たら記事のタイトルが『ネット投資3年で成功している私の連勝法』 て。
ただの本紹介の記事やないか~い!

いつも見に来てくれる人以外のほとんどの人は何か凄い手法を書いてるんやろうと
勘違いしてきたんだろうなぁ
ワクワクして見に来たら、ただの本の紹介で、更に他の記事まで見た人は
期待とは真逆のことが書いてあって『何やねん!ココ!』って思って帰った人も多かっただろうなぁ。

でもこのことでちょっと考えた。
やっぱりほとんどの人は簡単で、楽して、すぐに儲けられる、何か凄い手法を探しているんだろうなぁと
多分ここのブログで言っていることに共感してくれる人は私が思っている以上に少ないんだろうなぁと

勝てない理由は手法がどうとかいうことではなく、自分の考え方にあるということを理解できる人は少ない。
だから、このブログを読んでなるほど!と思い、同じような考えをしようとする人は
勝てるトレーダーへの道を進んでいるのだ!そこは自信を持ってもらっていい。


それから話は変わるが利益を伸ばす為のコツを教えようと思う

利益を伸ばせるようになるまでの過程として大まかに二つのタイプに分かれると思う

一つは運良く一気に大きく稼げる経験をして自分の意識が大きく変わることができるタイプ
一つは少しづつ利益の幅を大きくしていくタイプ。最初は利小、次に利中、そして利大へと変化していく

前者は、ある程度の含み益のトレードを思い切って放置する
例えば建値、あるいは損切り位置に逆指値を置いた後に、外出する用事をわざと作って
強制的にポジションをいじれない状態にしてしまう

一度や二度では経験できないかもしれないが、そこをくじけずに何度もチャレンジしていると
自分が想像した以上の含み益を経験することができる。
もし、逆指値にヒットしてポジションが消滅していたとしても、
その過程で大きな含み益を経験する可能性が高い。

これは「もしポジションを持っていたらもっと利益になっていたのに」と想像する以上の効果がある
『自分がポジションを持っていた時に大きな含み益の瞬間があった、あるいは大きな含み益になっている』という状態を実際に経験することがコツだ
これを何度か経験するうちに利益を伸ばすことが苦痛ではなくだんだんと楽しみになってくる。


もう一つの方法、後者の場合、どうしても一気にいくことができない人はまずは小さく利確することに慣れる。
常に小さく利確する。大きく取ろうとは絶対に思ってはいけない。常に小さくだ。
損切り位置も動かさない。建値になど動かしてはいけない。

それに慣れてきたら次はその倍の大きさで利確するようにする。
逆指値と指値で強制的にヒットさせてもいい。
倍の大きさと決めたら絶対にその位置に来たら決済する。こなかったら決済できない。損切りになる。
損切り位置を建値に動かしたりしてはいけない。

それに慣れてきたら次に倍の倍、つまり最初の四倍の位置で利確するようにする。
ここでも損切り位置を建値に動かしてはいけない。

まぁここまでできるようになれば利益を大きく取るコツがつかめてくると思う。

デモ口座で練習するか、リアルなら最小単位で練習すること。
練習中に利益を出そうなどと思わないように。


応援して貰えると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

ゆうさんへ - あやな - 2012年06月26日 14:19:59

ご訪問&コメントありがとうございますe-68

やはり!
小さな労力で最大限を発揮する、
一度経験するとその刺激がたまりません!(笑)

- ゆう - 2012年06月26日 08:07:50

>外出する用事

お勤め人のうちの最大の武器です(笑)

トラックバック

URL :

ブログ移転のお知らせ☆
ブログの引越しをしました。
こちらへどうぞ
↓↓↓
【新】トレーダーが勝つために
必要な考え方
http://mentaltrading.biz/
プロフィール

あやな

Author:あやな
【裁量デイトレーダー】

リンク
免責事項
相場で生き残るために必要だと思われる経験則を書いていますが、ここを読んだからといってすぐに稼げるようになったり、必ず稼げることを保証するものではありません。また相場の世界に入るよう勧誘するものでもありません。相場は常に厳しい世界であること認識しておく必要があります。
クレジットカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。